ソフトウェア配布では、Workspace ONE UEM[リソース] セクションから Win32 アプリを展開できるため、すべての社内アプリケーションに対して存在するアプリケーション フローを使用することができます。

スクリプトが必要な場合は、VMware Docs サイト https://docs.vmware.com/jp/VMware-Workspace-ONE-UEM/index.html にある、製品のプロビジョニング機能を解説した「VMware Workspace ONE UEM Product Provisioning for Windows Desktop Guide」をご利用ください。

Win32 アプリケーションをソフトウェア配布で展開するための要件

ソフトウェア配布を使用して Win32 アプリを展開するには、サポートされるファイル タイプ、OS、およびプラットフォームを使用します。

対応プラットフォーム

Win32 アプリケーションを展開するためのサポート対象プラットフォームは Windows デスクトップです。

サポートされているファイル タイプ

  • MSI
  • EXE
  • ZIP
    注: ZIP ファイルを使用する場合は、4 GB 以上のアプリケーション パッケージを 7-Zip を使用して圧縮します。Windows のネイティブ ZIP 圧縮によって圧縮されている、4 GB 以上のアプリケーション パッケージが含まれている ZIP パッケージは、 Workspace ONE UEM で圧縮解除されません。

ファイル ストレージおよび CDN

200 MB を超えるアプリケーションを配布する場合は、ファイル ストレージを有効にする必要があります。手動でのファイル ストレージの構成はオンプレミスのお客様のみご利用いただけます。この機能は、SaaS 環境のお客様の場合は自動的に構成されます。これには、特定のレポート、社内アプリケーション展開、Workspace ONE UEM の管理対象コンテンツも含まれます。これらの機能のいずれかでファイル ストレージを有効にすると、他の機能にも自動的に適用されます。詳細については、システム設定に関するガイドで「Installation/File Path」を参照してください。

Workspace ONE は、アプリケーション パッケージの配布のために、Akamai CDN との統合をサポートします。手動での CDN の構成はオンプレミスのお客様のみご利用いただけます。この機能は、SaaS 環境のお客様の場合は自動的に構成されます。CDN 統合により、地理的に異なる場所に分散されたデバイスでも、迅速なダウンロードが可能になります。また、Workspace ONE デバイス サービス サーバでの負荷も軽減されます。詳細については、『Akamai CDN Integration Guide』をご参照ください。

ソフトウェア パッケージ展開を有効にする

現在、すべてのお客様の Workspace ONE UEM console で、ソフトウェア配布はデフォルトで有効になっています。お客様はデフォルトで、データベース内のアプリケーション用に最大 25 GB のストレージを利用できます。オンプレミスのお客様は、[グループと設定] > [すべての設定] > [管理者] > [ストレージ] の順に選択して、この容量を調整できます。

Win32 アプリケーション用ファイル ストレージ

手動でのファイル ストレージの構成はオンプレミスのお客様のみご利用いただけます。この機能は、SaaS 環境のお客様の場合は自動的に構成されます。これには、特定のレポート、社内アプリケーション展開、および Workspace ONE UEM の管理対象のコンテンツも含まれます。これらの機能のいずれかでファイル ストレージを有効にすると、他の機能にも自動的に適用されます。詳細については、システム設定に関するガイドで「Installation/File Path」を参照してください。

パッチ アップデートを使用した Win32 アプリケーションのトラブルシューティング

パッチを使用して Win32 アプリケーションを更新および修正できます。Workspace ONE UEM では、追加パッチと累積パッチをサポートします。場合によっては、累積パッチによってアプリの特定のバージョンの作成がトリガされることがあります。

累積パッチとシステム展開動作:アプリケーションを編集することで累積パッチを適用すると、新しいパッチが適用されたアプリケーションのバージョンが作成されます。パッチが適用されていないバージョンは非アクティブになり、パッチが適用されたアプリのバージョンが作成されてデバイスに展開されます。

パッチの制限事項:Workspace ONE UEM では、バージョンを更新しないパッチをサポートしておらず、アップグレード コードが Win32 MSI アプリケーションと一致している必要があります。