ディスク障害やその他の重大な問題が発生した場合は、コマンドライン インターフェイスを使用して VMware Integrated OpenStack デプロイ内の個別のノードをリカバリできます。

VMware Integrated OpenStack ノードをリカバリすると、新規にデプロイされたときの状態に戻ります。

前提条件

  • すべてのデータベース ノードをリカバリする場合は、OpenStack データベースのバックアップが必要です。Swift ノードをリカバリする場合は、Swift リングのバックアップが必要です。デプロイのバックアップを参照してください。

  • データストアに、元のノードとリカバリされたノードを同時に格納できるだけの十分な空き容量を確保します。リカバリのプロセスでは、元のノードが削除されますが、両方のノードの容量が一時的に必要となります。この問題を避けるには、ノードのリカバリを行う前に、既存のノードをパワーオフして、削除します。

手順

  1. OpenStack 管理サーバviouser としてログインします。
  2. OpenStack ノードをノードまたはロールごとにリカバリします。

    デプロイのノードを表示するには、viocli show コマンドを使用します。仮想マシン名 および ロール 列に表示される値を使用して、ノードをリカバリできます。

    1. データベース以外のノードをリカバリするには、次のコマンドを実行します。
      sudo viocli recover {-n node1... | -r role1... [-n node1...]} 

      オプション

      説明

      -n

      リカバリするノードの名前を入力します。

      -r

      リカバリするロールの名前を入力します。指定したロールに割り当てられているすべてのノードがリカバリされます。指定したロール以外の単独のノードをリカバリする場合は、このパラメータに加えて -n を指定できます。

    2. データベース ノードをリカバリするには、次のコマンドを実行します。
      sudo viocli recover {-n node1... | -r role} -dn backup-name -nfs nfs-host:/backup-folder

      オプション

      説明

      -n

      リカバリするデータベース ノードの名前を入力します。HA のデプロイでは DB ノードを、コンパクトまたは小規模のデプロイでは ControlPlane ノードを指定できます。

      -r

      HA のデプロイでは DB を、コンパクトまたは小規模のデプロイでは ControlPlane を指定します。すべてのデータベース ノードがリカバリされます。

      -dn

      OpenStack データベースのバックアップが含まれているフォルダを入力します。

      OpenStack データベースのバックアップ フォルダの形式は vio_os_db_yyyymmddhhmmss です。

      -nfs

      バックアップが配置されている NFS ホストおよびディレクトリを remote-host:/remote-dir の形式で指定します。

    3. Swift ノードをリカバリするには、次のコマンドを実行します。
      sudo viocli recover -n node-name -dn backup-name -nfs nfs-host:/backup-folder

      オプション

      説明

      -n

      単一の Swift ノードの名前を入力します。

      -dn

      Swift リングのバックアップが含まれているフォルダを入力します。

      Swift のバックアップ フォルダの形式は vio_swift_ring_yyyymmddhhmmss です。

      -nfs

      バックアップが配置されている NFS ホストおよびディレクトリを remote-host:/remote-dir の形式で指定します。

      重要:

      Swift ノードは、ロールごと、または一括でリカバリすることはできません。データの損失を防ぐために、他の Swift ノードをリカバリする前に、リカバリされたノードが動作しており、リカバリされたノードへのデータ レプリケーションが完了していることを確認してください。

タスクの結果

リカバリには数分かかります。vSphere Client で OpenStack デプロイを表示することで、ノードのステータスを確認できます。