デフォルトの Workspace ONE ロゴの代わりに、組織のロゴを Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションおよびポータル ページで使用できます。Web ブラウザのタブに表示される製品名をカスタマイズし、アクセント、フォント、および背景色を変更できます。

また、ユーザーが iOS および Android デバイスで画面をダーク モードに構成したときに正しく表示されるロゴとアクセントの色を追加することもできます。

グローバルのブランド設定を作成したら、さまざまなバージョンのブランド デザインを作成して Hub テンプレートに追加できます。

ブランディングを無効にすることはできません。

グローバルにカスタマイズしたブランディング設定を作成する

  1. Hub サービス コンソールのホームページに移動します。
  2. [ブランディング] をクリックします。
  3. [ブランディング] ページの設定を編集します。

    カラー ピッカーを使用して、正確な 16 進数の色コードを選択します。カラー領域の円をクリックしてドラッグし、色の濃淡を選択します。スライダを使用して色相を選択します。

    オプション 説明
    ロゴ

    [組織のロゴ][アップロード] をクリックして、モバイル、Web ブラウザ、デスクトップ画面に表示される現在の Workspace ONE Intelligent Hub のロゴを置き換えます。有効なフォーマットは JPEG、PNG または GIF です。

    [モバイル アプリ アイコン]。デバイスで表示される Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションのアイコンの色を変更できます。

    Web ブラウザ

    [組織名]。Web ブラウザのタブに表示されるタイトルとして使用する組織名を入力します。デフォルトの名前は VMware です。

    [製品名]。Web ブラウザのタブで、組織名の後に表示されるテキストを入力します。デフォルトの名前は Intelligent Hub です。

    [お気に入りアイコン]。お気に入りアイコンは、ブラウザのタブに表示される、URL に関連付けられるアイコンです。お気に入りアイコンの最大サイズは 16 × 16 ピクセルです。有効なフォーマットは JPEG、PNG または GIF です。[アップロード] をクリックし、新しいイメージをアップロードして現在のお気に入りアイコンを置き換えます。

    ナビゲーション バー Web ブラウザのナビゲーション バーの外観を構成できます。

    [背景色。]デフォルトは白 (#FFFFFF) です。テキスト ボックスの横にある四角をクリックしてカラー ピッカーを使用するか、既存の色コードを 6 桁の 16 進数の色コードで上書きして、ナビゲーション バーの背景色を変更します。

    [フォントとアイコンの色]。背景色に応じて、テキストの色に [黒] または [白] のいずれかを選択します。

    タブ バー(モバイル) iOS および Android デバイスのタブ バーの外観を構成できます。

    [フォントとアイコンの色]

    目次

    [アクセントの色]。アクセントの色は、リンクとアクティブ領域に適用されるハイライト カラーです。たとえば、ユーザーがタブを選択すると、タブはアクセントの色で表示されます。テキスト ボックスの横にある四角をクリックしてカラー ピッカーを使用するか、既存の色コードを 6 桁の 16 進数の色コードで上書きして、アプリケーション アイコンの周囲に表示される色を変更します。

    [高度なコンテンツのブランディング オプション]

    [背景色]。デフォルトは白 (#FFFFFF) です。テキスト ボックスの横にある四角をクリックしてカラー ピッカーを使用するか、既存の色コードを 6 桁の 16 進数の色コードで上書きして、画面の本文の背景色を変更します。

    注: アクセントの色と背景色に同じ 16 進値を選択しないでください。アプリケーションのページが正しく表示されない場合があります。

    [フォントとアイコンの色]。背景色に応じて、テキストの色に [黒] または [白] のいずれかを選択します。

    タブ バー(モバイル)

    [フォントとアイコンの色]

    • [デフォルトのブランディングを使用] を選択して、コンテンツ用に構成した Intelligent Hub アプリケーションのテキストとアイコンの色を表示します。
    • ナビゲーション バー用に構成されたフォントとアイコンの色を使用するには、[ナビゲーション バーと同じ] を選択します。
    ダーク モード

    ダーク モードは、暗い画面または黒い画面に対して明るい色合いのテキストを表示するデバイスのディスプレイ設定です。ユーザーが iOS および Android デバイスでダーク モード設定を構成すると、Workspace ONE Intelligent Hub の画面がダーク モードで表示されます。画面をダーク モードで表示するようにコンピュータ設定を構成すると、Web ブラウザの Workspace ONE Intelligent Hub 画面がダーク モードで表示されます。Hub ポータルの [アカウント] > [基本設定] ページから Hub Web ブラウザ ビューの外観を変更できます。Hub ポータルの [基本設定] ページで設定した外観は、コンピュータ設定で構成したライト モードやダーク モードをオーバーライドします。

    企業のブランディングに合わせてエンドユーザーの環境をダーク モードにするには、企業のダーク モード ロゴとアクセントの色を構成します。

    • [ダーク モードの組織のロゴ]。現在のダーク モードの Intelligent Hub ロゴを自分のロゴに置き換えるには、[アップロード] をクリックします。有効なフォーマットは JPEG、PNG または GIF です。
    • [アクセントの色]。アクセントの色は、リンクとアクティブ領域に適用されるハイライト カラーです。ダーク モードの画面で見やすいように、明るい色調を使用します。
    注: ダーク モード ロゴとアクセントの色を構成しないと、 Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションにはデフォルトの Intelligent Hub のダーク モード ロゴとアクセントの色が使用されます。

    変更が右側の [プレビュー] ボックスに表示されます。

  4. ブランディングの値を変更したら、[保存] をクリックします。

Workspace ONE Intelligent Hub のデフォルトのアプリケーション設定に戻る場合は、[リセット] をクリックします。

テンプレートのブランディング設定のバージョンを作成する

グローバル ブランディングのデザインがすべての Intelligent Hub ユーザーに当てはまらない場合は、、ブランディングのデザインをいくつか作成できます。ロゴと色を変更して、会社内のさまざまなグループのデザインをカスタマイズします。

  1. Hub サービス コンソールの [ホーム] ページに移動します。
  2. [ブランディング] をクリックします。
  3. [バージョン: グローバル] 下矢印メニューをクリックして、[バージョンを追加] を選択します。
  4. このバージョンに一意の名前を付けて、オプションの説明を追加します。
  5. [グローバル カスタマイズ ブランディングの作成] セクションで、手順 3 に進みます。

    テンプレートがユーザーに割り当てられると、セッション トークンの有効期限が切れて更新されたとき、または Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションからログアウトしてアプリケーションを再起動したときに、モバイル デバイスおよび macOS ユーザーの Workspace ONE Intelligent Hub に新しい設定が表示されます。