リモート サーバに仮想マシンをアップロードすると、Workstation Pro は、選択されたリモート ホストおよびデータストアに仮想マシンをコピーします。元の仮想マシンは、ホスト システムに残ります。

前提条件

  • リモート サーバが VMware Workstation Pro、VMware ESXi、または VMware vCenter Server を実行していることを確認します。

  • 仮想マシンが暗号化されていないことを確認します。暗号化された仮想マシンはアップロードできません。

  • リモート ホストが仮想マシンのハードウェア バージョンをサポートしていることを確認します。リモート ホストがそのハードウェア バージョンをサポートしていない場合、アップロード ウィザードはエラー メッセージを返します。

  • Workstation Pro で仮想マシンを開きます。

  • 仮想マシンがパワーオンまたはサスペンドの状態の場合、パワーオフします。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、[VM] > [管理] > [アップロード] を選択します。
    注:

    ライブラリのリモート ホストに仮想マシンをドラッグ アンド ドロップして、アップロード プロセスを開始することもできます。

  2. アップロード先のリモート サーバを選択します。

    オプション

    操作

    リモート サーバがリストに表示されている

    リストのリモート サーバを選択します。

    リモート サーバがリストに表示されていない

    [新しいサーバ接続] を選択して、リモート サーバにログインします。

    Workstation Pro は、リモート サーバへの接続を確認します。

  3. リモート サーバが vCenter Server を実行中の場合、アップロード先を選択します。
  4. (オプション) リモート ホストの仮想マシンの新しい名前を入力します。
  5. アップロードされた仮想マシンを保存するリモート ホストおよびデータストアを選択します。

    リモート サーバが vCenter Server を実行中の場合、複数のホストおよびデータストアを使用できる場合があります。

  6. [完了] をクリックして、リモートサーバに仮想マシンをアップロードします。

    ステータス バーには、アップロード プロセスの進行状況が表示されます。仮想マシンのアップロード時間は、仮想ディスクのサイズとネットワーク接続速度によって異なります。

タスクの結果

リモート サーバにアップロードされた仮想マシンは、ライブラリのリモート ホストのインベントリに表示されます。