VMware ユーザー エクスペリエンス改善プログラムに参加すると、お客様のコンピュータから匿名の情報が弊社に送信されます。プログラムへの参加は任意であり、お客様はいつでも参加を中止することができます。

収集されるデータの種類

VMware ユーザー環境改善プログラムで収集されるデータには、製品データ、製品の使用状況に関する情報、製品のパフォーマンスに関する情報、およびシステムの構成情報が含まれる場合があります。

製品データには通常、製品名、バージョン、ビルド番号、構成設定などの情報が含まれます。これらの情報は弊社において、同一のインストールから得られたデータを比較したり、一般的な構成を特定したりする目的に利用されます。

製品の使用状況に関する情報には、選択されたメニュー項目、押されたツール バー ボタン、実行された仮想マシン、および仮想マシンの構成設定が含まれる可能性があります。これらの情報は、最もよく使われる機能、ユーザーが作成する仮想マシンの個数、同時実行される仮想マシンの個数、最もよく使われる OS、一般的に選択される仮想マシン設定などの使用状況パターンを弊社にて特定するために利用されます。

製品のパフォーマンスに関するデータには、発生したエラーの情報や仮想マシンのサスペンドとレジュームの回数、稼働時間、アプリケーション起動時間などの計測値が含まれる場合があります。

システム構成情報には、コンピュータで稼働中のオペレーティング システム、コンピュータに搭載されているプロセッサの個数とプロセッサ モデル、搭載されているメモリ容量、利用可能なネットワーク接続の数、搭載されているビデオ カードとビデオ ドライバ、ディスプレイ デバイスの画面解像度が含まれる場合があります。これらの情報は弊社において、お客様の環境に最も近いものとして弊社内のテストで使用するシステム構成を特定したり、ハードウェア業界の傾向や新技術の採用動向に基づいて今後の開発方針を計画する目的に利用されます。

データが弊社に送信されるたびに、入手可能なすべての情報がすべてのシステムから収集されるわけではありません。一部の情報は特定のインストール構成のみから収集され、エラー メッセージなどの特定の情報は発生した場合にのみ収集されます。

VMware では、汎用一意識別子 (UUID) を使用して、各種マシンの情報を識別します。

データが弊社に送信されるタイミング

システムから収集されたデータは通常、お客様が Workstation Pro を起動したときに弊社に送信されます。お客様のコンピュータがインターネットにアクセスしていない場合、該当する情報は収集され、次回 Workstation Pro を起動したときに弊社に送信されます。ソフトウェアの更新の確認中など、その他のタイミングでデータが弊社に送信されることもあります。他のインターネット ユーザーがデータを読み取ることができないように、データは暗号化され、安全な SSL 接続で送信されます。

Workstation Pro によって、弊社に送信されるすべての情報がお客様のシステムに平文で保存されます。これらの情報は productnameUploadedData.log という名前のファイルに保存され、ログ ファイルと同じディレクトリに置かれます。

プライバシー保護

弊社では、氏名、住所、電話番号、メール アドレスなどの個人データを収集することはありません。お客様の製品ライセンス キーおよび MAC アドレスは弊社に送信されず、弊社にてお客様の IP アドレスを送信データとともに保存することもありません。

弊社ではお客様の情報を保護するために、物理的アクセスの管理、インターネット ファイアウォール、侵入検知、ネットワーク監視など、業界標準の情報管理体制を導入し、データへのアクセスを厳しく制限しています。VMware ユーザー エクスペリエンス改善プログラムによって収集された情報は、弊社のプライバシー ポリシーに従って取り扱われます。

注:

ユーザー エクスペリエンス改善プログラムはスパイウェアではありません。スパイウェアは、ユーザーに必要な通知を行う、またはユーザーの同意を得ることなく、ユーザーのコンピュータから情報を収集したり、コンピュータ上で何らかの処理を実行したりします。

プログラムの参加の中止

Workstation Pro の環境設定を変更することで、お客様はいつでも VMware ユーザー環境改善プログラムに参加したり参加を中止したりできます。

詳細については、システム データと使用状況の統計の VMware への送信を参照してください。